9月労働力調査|就業者数6689万人で前年同月79万人減/完全失業率3.0%

総務省統計局の9月の「労働力調査」によれば、就業者は6689万人と前年同月に比べて79万人減少した。雇用者は前年同月に比べて56万人減少の5961万人。6カ月連続で減少が続いている。就業率は60.3%と、前年同月に比べ0.7ポイントの低下となった。

正規の職員・従業者は3529万人で、前年同月に比べて48万人増となり、4カ月連続の増加であった。一方で非正規の職員・従業者は2079万人となり、前年同月より123万人の減で、こちらは7カ月連続の減少となった。

完全失業率は3.0%と前月と同率だった。完全失業者数は210万人と前年同月で見ると42万人増で、8カ月連続で前年より増えている。「勤め先や事業の都合による離職」が40万人で前年同月より19万人増えている。

産業別に見ると、卸売業・小売業の従業者数は1062万人。前年同月と比べ2万人増加した。生活関連サービス業・娯楽業は前年と同数の245万人。宿泊業・飲食サービス業は48万人減少の403万人で、産業別で一番の減少数となっている。7カ月連続の二桁減少だ。

関連カテゴリー

統計 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧