6月通販統計|売上高1199億円2.2%増/食料品7.0%増・家庭用品5.2%増

公益社団法人日本通信販売協会(粟野光章会長、正会員434社)は会員企業の6月度の売上高を発表した。協会の理事社・監事社を中心とする会員企業計123社を対象に集計している。アマゾンジャパンは含まれていない。

6月度の総売上高は1199億0200万円となり、前年同月比2.2%増。

商品別でみると「食料品」が前年同月比7.0%増、「家庭用品」は5.2%増、「雑貨」は1.2%増と好調だった。雑貨では「趣味・娯楽用品」が9.8%増と大幅に伸長している。また食料品の中でも「健康食品」が7.9%も増加している。

一方、「衣料品」は1.3%減、「通信教育・サービス」は1.7%減となった。

6月度の1社当たりの平均受注件数は、6万7993件。回答企業は99社。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

統計 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧