サンエーnews|豊見城ウイングシティ(沖縄県豊見城市)で2名コロナ感染

(株)サンエー(沖縄県宜野湾市、上地哲誠社長)は沖縄県豊見城市にある「豊見城ウイングシティ」で2名の新型コロナウイルス感染者を確認した。

一人は地下1階のギフトコーナー勤務の従業員で8月8日(土)に判明した。8日21時から「豊見城ウイングシティ」を臨時閉鎖し、当該区画および施設内関連エリア(売場、共用スペース等)の消毒作業を実施した。

この従業員は8月3日(月)13時~18時に勤務して、この日が最終出勤日となった。8月4日(火)休日、発熱等の症状あり、8月7日(金)にPCR検査を受け、8月8日(土)に「陽性」が判明した。

8日はギフトコーナーを臨時閉鎖して消毒作業を実施し、8月9日(日)も継続閉鎖した。ギフトコーナーは8月10日(月)には営業再開している。

もう一人は、地下1階のファミリーレストラン「ミニジョイフル」の従業員。8月9日(日)に判明した。同店は9日17時から臨時休業し、施設内関連エリア(厨房、客席、共用スペース等)の消毒作業を実施した。

従業員は8月6日(木)12時~16時に勤務。この日が最終出勤日だ。8月7日(金)に発熱、PCR検査を受ける。同社ではこの情報を受けてすぐに消毒作業を実施した。そして8月9日(日)に「陽性」が判明した。

感染判明を受けてミニジョイフルを臨時休業して再度、消毒作業を実施した。ミニジョイフルは8月11日(火)から通常営業している。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧