セブン&アイnews|「7pay」不正アクセス被害900名・5500万円、チャージ停止

(株)セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区、井阪隆一社長)の独自のバーコード決済サービス「7pay」の一部アカウントが、不正アクセスの被害を受けた。

第三者が「7pay」利用者のアカウントにアクセスして本人になりすまし、登録されたクレジットカードおよびデビットカードを通じてチャージを行い、店舗で商品を購入した。

セブン&アイでは調査中だが、7月4日(木)朝6時時点の段階で、不正アクセスされたと疑われる人数は約900名、金額は約5500万円と発表した。同社では、すべての被害を補償する方針だ。

7月2日(火)に「身に覚えのない取引があったようだ」と顧客から第一報が届いて、同社が社内調査したところ、7月3日(水)に不正利用が発覚。

同社では発覚後、「お客様サポートセンター緊急ダイヤル」を設置して24時間対応を始めた。また、7payホームページの「重要なお知らせ」にID・パスワード管理の注意喚起を掲載している。

現在、すでにチャージ済みの金額については利用できるが、クレジットカード、デビットカード、セブン‐イレブン店頭レジ、セブン銀行ATM、nanacoポイントからのチャージなど、すべてのチャージを停止している。また、7payの新規登録も停止した。同社では原因究明を急ぎ、対策を検討していく。

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧