アマゾンnews|9/17amazon go4号店(56坪)イリノイ州シカゴで開業

レジレス店舗のアマゾン・ゴー(amazon go)の4店目となる「シカゴ店」が9月17日、イリノイ州シカゴ市にオープンした。

アマゾンは、今月4日にシアトル市に2100平方フィート(196㎡、59坪)の3号店をオープンさせたばかり。アマゾンの本拠地があるシアトル市以外では初の出店だ。

シカゴ店の広さは2000平方フィート(186㎡、約56坪)。アマゾンのシカゴ事務所が入居するオフィスビルの1階への出店である。

商品はグロサリー、スナック、サラダ、サンドイッチ、ミール・キットなど。一部の生鮮食品は、フェアグランズ、ファーマーズ・フリッジ、アイ・ラブ・スィーツなどの現地企業が製造し、毎日搬入される。温かい調理済み食品は置いていないが、店内にある電子レンジで温めることができる。

周辺のオフィス顧客をターゲットとしていて、同店の営業時間は月曜日~金曜日の朝7時~夜8時となっている。

アマゾン・ゴーの他店舗同様、顧客はスマートフォンにダウンロードした専用アプリを使って入店し、購入したい商品を手に取って店を出ていくだけでよい。天井のカメラや棚のセンサーが人と商品の動きを把握し、人工知能(AI)を駆使して正確に顧客を確定し、銀行口座から決済する。

ニューヨーク、サンフランシスコにも開店計画があるが、詳細は明らかにされていない。

今年1月22日にシアトルの1号店が一般公開されてから4店目となった。1号店が1800平方フィート(167㎡)だったから、少しずつ広くなっている。まだまだ実験段階だろうが、すでに顧客の行動によって膨大なビッグデータを蓄積し、学習したはずだ。

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧