ノードストロームnews|Blake Nordstrom社長(58歳)急逝/弟2人社長体制

アメリカの老舗百貨店ノードストローム共同社長のBlake Nordstrom(ブレイク・ノードストローム)が1月2日早朝、58歳で逝去した。ブレイク氏は昨年12月、悪性リンパ腫で療養中であることを明かしていた。


(Blake Nordstrom 画像:公式HP)

1901年、ジョン・W・ノードストロームによって、靴屋として創業されたノードストローム。その後、「伝説のサービス」を誇る百貨店へと業態転換して、アメリカ随一の高級デパートメントストアチェーンとなった。米国百貨店ランキングではメイシーズに次いで第2位。家族経営の同社は、従業員も”家族のように”接することで有名。実際、Fortune誌の「働きがいのある企業」ランキングが始まって以来、すべての年(21年連続)でランクインしている。

4代目にあたるブレイク氏は、ジョンの曾孫にあたるが、ハーバードビジネスレビュー「2018年版世界のCEOベスト100」にも62位にランキングされた経営者だった。弟のピート・ノードストローム、エリック・ノードストロームと3人で、共同社長を務めていた。今後は弟2人による体制となることが発表されている。

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧