ウォルマートnews|配達請負会社「スキップカート」が契約解消

米国情報メディア「ブルームバーグ」によると、ウォルマート(アーカンソー州、ダグ・マクミロン社長)は、オンラインで注文を受けた食料品の配達を委託していた「スキップカート」社との契約が解消される。

スキップカートがウォルマート宛に送った1月31日付けの手紙のコピーによると、スキップカートは4月30日で配達契約を打ち切ると通知、その後、時期は3月末に変更された。ウォルマートは、既にほかの下請け会社に引き継ぎをしている。

テキサス州バーニーに本拠地のあるスキップカートは、2018年末から32州で展開する小商圏型のウォルマート・ネイバーフッドマーケット126店舗の配達を請け負っていた。スキップカートのベン・ジョーンズCEOは、「月に5万件ほどの配達をウォルマートから請け負ってきたが、赤字運営だったため、利益率の高いレストランの配達ビジネスにフォーカスする。また、グロサリーの配達モデルはビジネスとして成り立たたず、ほかの下請け会社も赤字になっている」と述べている。

実際に、オンラインで注文した食料品を配達する会社の離脱はこれが初めてではなく、デリブ、ウーバーなども過去にウォルマートから撤退している。

ウォルマートは、22四半期続いている既存店売上高の増加分のほとんどを生み出しているeコマースに注力しており、約3000店でピックアップを、約1600店では配達も行っている。配達を請け負っている会社は、ポストメーツ、ドアダッシュ、ローディー、ポイント・ピックアップなどで、配達費は配達時間によって異なるが、7.95~9.95ドルとなっている。

31州ではスパーク・デリバリーと呼ばれる契約人を使った配達も手掛けており、自動運転車による配達も実験している。食料品の配達は、かさばる割に利益性が低いと言われている。しかし、顧客の利用が増えてきているのは事実で、スーパーマーケットはいかに損をしないでサービス提供が出来るか模索している。

多くのスーパーマーケット・チェーンは、配達にインスタカート社を使っているが、同社の規模でも採算性が合うかどうかはまだ未定である。アマゾンもオンライン販売で利益を出すのに相当なインフラ投資を続けた経緯があり、プライム会員の増大は採算性を実現するために大きく貢献した。

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧