キリン堂news|年商1333億円2.8%増・経常利益26.5%増m過去最高益

(株)キリン堂ホールディングス(大阪市淀川区、寺西豊彦社長)の2020年2月期は売上高1332億7900万円と前期比2.8%の増収だ。営業利益は27億9700万円(前期比37.5%増)、経常利益は37億1100万円(26.5%増)、純利益は17億8700万円(21.5%増)といずれも過去最高を記録した。

営業利益率は2.1%、経常利益率は2.8%。

7月の長梅雨や暖冬から、シーズン商品の需要は落ち込んだが、新型コロナウイルス感染症の影響から、マスク、除菌用品の売上げが伸びた。またヘルス&ビューティケア強化に伴うプライベートブランド商品の販売増と調剤事業拡大や効率的な販売促進策により、売上総利益率が改善して増益となった。

ドラッグストア8店舗(うち調剤薬局併設型3店舗)、調剤薬局4店舗の計12店舗を出店した。一方でドラッグストア12店舗、調剤薬局2店舗の計14店舗を閉店している。また調剤薬局4店舗を他社から取得した。店舗数は371店舗。

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

決算 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧