西友news|弁当・惣菜の「AI需要予測型自動発注サービス」10月全店導入

合同会社西友(東京都北区、リオネル・デスクリーCEO)はAIによる需要予測に基づき自動発注を行うシステムとして、日立の「Hitachi Digital Solution for Retail/AI需要予測型自動発注サービス」を、10月から全店に導入する。対象品目は、販売する弁当・惣菜売場の商品のうち、自社工場で製造した商品をはじめとする約250アイテム。

これまで、各店舗の担当者が、商品ごとに、過去の在庫・発注・販売・廃棄量や天候・イベント情報などの複雑な条件を考慮して需要を予測して、発注量を決定し、発注作業を行っていた。熟練者による経験・ノウハウと一定程度の作業時間を要していた。これを、AIを活用することで店舗・商品ごとに需要予測を行い、それらを基に自動で発注量を決定する。発注担当者の負担を軽減し、欠品や食品廃棄ロスの削減につなげる。

西友と日立は、2018年から両社の知見・ノウハウを融合し、AIを活用した発注業務の効率化に向けた協創を開始。2019年3月から1カ月にわたり、西友の3店舗の弁当・惣菜売場の19品目を対象に、共同実証実験を進めていた。その結果を受けて、全店に導入する。

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧