アマゾンnews|物流・配送拠点に「ディスタンス・アシスタント」導入

Amazon(東京都目黒区、ジャスパー・チャン社長)は、「ディスタンス・アシスタント」の技術を日本の物流拠点、フルフィルメントセンター(FC)と配送拠点、デリバリーステーション(DS) に導入した。

「ディスタンス・アシスタント」は人工知能、拡張現実、機械学習を活用し、カメラに映る人の動きを追跡し、周囲の人との物理的な距離を測定する。2メートル以内に人が近づくとモニターの画面に表示されるインジケーター(円)で知らせ、ソーシャルディスタンシングが保たれるよう、働くスタッフに注意を促す。具体的には相手から2メートル以上離れている場合は緑の円、2メートル以内の場合は黄色の円、さらに距離が近い場合は赤の円でわかりやすく表示する。

Amazonでは、「ディスタンス・アシスタント」をFCとDSの人が集まりやすいエリアに設置していて、すでに米国、インド、ヨーロッパのAmazonの施設で導入している。

新型コロナウィルス感染症が拡大するなか、Amazonで働くスタッフの就業中の健康と安全を確保するため施策の一つだ。

Amazonはこの技術を一般公開している。規模の大小にかかわらず、個人や企業は無料でソフトウェアをダウンロードすることが可能だ。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧