トライアルnews|トライアル宇都宮店をスマーストア化/関東で2店目

トライアルホールディングス傘下の(株)トライアルカンパニー(福岡県福岡市、石橋亮太社長)は 6月24日(木)、栃木県宇都宮市にあるトライアル宇都宮店に⾃社開発したレジ機能付きショッピングカート「スマートショッピングカート」を300台導入する。千葉市稲毛区にある長沼店に続き関東では2店舗目のスマートストアとなる。

トライアルでは宇都宮店を、今後店舗をスマートストア化していくための新たな実証実験の場としても活用して、スマートショッピングカートやデジタルサイネージなどを使った「リアル店舗のメディア化」の検証も進める。宇都宮店では4月29日にデジタルサイネージ59台を導入済みだ。

「スマートショッピングカート」はセルフレジ機能を搭載したカートで、専用のプリペイドカードをカートに登録して、付属するスキャナーでお客自らが商品バーコードを読み取って、専用ゲートを通過するだけでキャッシュレス会計を済ませることができる。レジ待ちの時間を短縮するだけでなく、店舗オペレーションの省力化も図れる。また、売場でスキャンした商品に応じたレコメンドをカート付属のタブレット画面に表示したり、その場で使えるクーポンを配信したりするなど、購買行動の約8割といわれる”非計画購買”への働きかけを行っていく。

スマートショッピングカートは、全国264店舗のトライアルのうち39店舗で合計3900台ほどが稼働している。またデジタルサイネージは、九州のトライアルを中心に13店舗で合計530台ほどを運用していて、これまでの実証実験では「フィーバータイム(店内すべてのデジタルサイネージで一斉に同じ内容の音声付き動画・静止画を表示する)」「でき立て訴求」などに販促効果が確認できているという。

■スーパーセンタートライアル宇都宮店
所在地/栃木県宇都宮市睦町5-5
店舗面積/約3040坪
営業時間 :24時間(年中無休)、2階営業時間月~金9:00~26:00、土日8:00~26:00、カー用品・家電コーナー月~金9:00~24:00、土日8:00~24:00、ドラッグコーナー9:00~24:00

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧