アマゾンnews|新型コロナウイルス対策として「独自の検査」開始

アマゾン・コム(ワシントン州シアトル市、ジェフ・ベゾスCEO)は、新型コロナウイルス感染症を克服するためには、感染しているかどうかの検査が不可欠だという結論に達した。もちろんこれまでも、社員の健康と安全を守るために従業員にマスクを配布し、体温チェックを実施するなど、必要な対策を講じてきている。


〈新型コロナウイルス感染の検査をするためのラボのようす〉

症状の出ていない従業員を含むすべての従業員の定期的な検査ができれば、言うことはない。それができれば人々は安心して日常生活を送ることができるし、復興にも取り組めるだろう。だが、残念ながら、現段階ではそう簡単に検査をすることはできない。現在の検査施設は検査能力に限界があり、一企業の社員の検査を適切に行うのは難しい。

そこで、アマゾンでは社内で検査をするための準備を始めた。社員の中から科学研究者、スペシャリストを雇い入れるためのプログラム・マネジャー、ソフトウェア・エンジニアなどを集めた。そして、通常の業務を離れて、この業務に移動してもらっている。すでに最初の研究所には必要な機器が設置されており、近いうちに最初の検査を始める計画である。

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧