セブン-イレブンnews|支援活動「地域の食材を使おうプロジェクト」始動

(株)セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区、永松文彦社長)は、地域の食材を使用した商品の開発・販売をさらに強化する「地域の食材を使おうプロジェクト」を立ち上げた。

新型コロナウイルス感染防止に伴い、休校による給食の停止や、外出自粛による外食での食材需要が減少している。そのため食材が使用されずに廃棄される「食品ロス」が生じる。

セブン‐イレブンでは各地域で供給過多になってる食材を使用した商品を開発して食品ロス削減につなげる。また生産者・事業者の支援活動として、地域の地産地消の取り組みを進めていく。

地域の生産者や事業者の支援はイオングループからローカルスーパーマーケットまで、各社が積極的に進めている。2万店を越えるネットワークを持つセブン-イレブンのプロジェクト始動はその中でもインパクトがある。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧